価格もお手軽な電子ブレーカー、電熱ヒーター|暮らしラクラク製品

作業員

PCを自作するということ

自作メリットは何でしょう

パソコン

自作パソコンとは、各パーツを自由に選んで自分で組み立てて作るパソコンのことです。全ての部品を組み込んで完成形で売られるメーカー製パソコンと違って、自作パソコンは目的に応じてさまざまな部品を選んで組み合わせるので、自分の目的や予算に合わせて、例えば「ゲーム用にできるだけ性能の良いものを作ろう」、「狭いところにおけるコンパクトなパソコンを作ろう」、「予算がないので性能はそこそこでも安いパソコンを作ろう」といった目的に応じて部品を選んで組み立てる自由度の高さがあります。また、自作パソコンのメリットには他にも修理が行い易い点などが挙げられるでしょう。通常のメーカー製の場合構造がシンプルでないため、業者以外の修理が困難だったり、分解によってサポートが受けられなくなることがあります。しかし自作なら、修理からOSなどソフトウェアの導入まで簡単に行えるため、カスタマイズ性はかなり高いと考えて良いでしょう。

具体的な意味は何でしょう

自作パソコンの場合、基本的に組み替える前提でパーツがつくられています。そのため、故障したパーツの代用品を探す際にもそれほど手間はかからないでしょう。組み立てて数年後に、故障した場合でも、メーカー製パソコンと違って代替部品を容易に調達できます。また後で、たとえばHDDを増設したり、最新のパーツに交換したりして、当初より性能アップを容易に図ることができます。またメーカー製パソコンは最初から決まった(多くは最新の)OSがインストールされており、それに縛られることになりますが、自作の場合は選択の自由が多く、有名なものからマイナーなものまで選ぶことが出来ます。